2018.4.21 大倉くんと高橋くん

 

 

色んな…方の思いがあると思うんですけれども、もう、あの会見の後のラジオなんでね、

何をお話ししたらいいのかとあるのもあるんですけれども、

でも僕的にはまだこれからどうなるかっていうのは誰にも分からないしっていうのはもちろん前提にあって、

今まで僕たちのグループって何もなかった訳でもなく、元々…今は7人だけど…あの元々8人だったんですよ。

内博貴ってメンバーがいたんですけどあの…色々あって抜けて、あのー7人で活動してて。

 

で元々戻ってくると思ってそのポジションを空けていたんだけど、でも、まぁ、今だから言えるんだけど、

俺ら戻ってくると思ってたんだけど、あいつが、その復帰するときのライブっていうので、あの…俺らのことってひとつもないんだっていうのがちょっと思っちゃって、

それが、別にキッカケじゃないんだけど…

でやっぱりその時に内は1人でやっていくんだなっていう気持ちがあって…で7人になったの。

 

7人は7人でもう結束してたし、そういう経験をしてるから…

でもただ俺らは内のこと忘れたことないし、

で今回すばるくんのことじゃないですか。

 

すばるくんも、もちろんこの経験をしてるから充分分かった上でこの決断だったし、

だから俺たちもずっと多分一生忘れることはないし多分見てる方たちもこの後6人で活動していく上でまぁ…すばるくんの影が見えたりっていうのも、絶対あると思うし、

ずっとあるかもしれないけれども、それを…あの…なんだろ…消す必要もないし、

あの…俺らも消えたって思うこともないだろうし、

あぁここで歌ってたな…とかっていうのは多分あって、

 

ただなんか…その、グループやっていく上で事件っていうのは起こる訳だし、

まぁ、これは俺らにとってすごい大きな事件だけど…

 

で、その…スカパラさんと俺らアルバムで無責任ヒーローっていう曲をやらせていただいて、なんかアレンジもしていただいた中で、

スカパラさんも…何か色々あったと。

激動の29年だったと。

 

で、オレ…この…谷中さんが送ってくれて

オレらがやった時に全員でグループメールを組ませていただいて、そのすごい大人数の、15人くらいのを。

 

こういうことがあったって言うのをオレらは言えなくて、でも…あの、その報道で知って、送ってきてくれたので…

スカパラさんも、

「1人脱退したという中で死ぬほど苦しんだ」と。

「ただ今俺らは楽しくやっているから」と。

「絶対的に楽しくやろうという気持ちがあれば俺らもすばるくんもたのしい道に行けるはずだから」と、いう言葉をいただいて

なんかスッと気持ちが楽になったというか

あぁ…その経験者からの言葉っていうのは…重くて。そうなんだな…と思って。

 

これからってことで言うと、

なんか…すばるくんはすばるくんで

まぁオレは記者会見の時もそうだし、それまで世間に公表するっていう短い期間でしたけど、その間もやっぱり納得いかない部分だったり…っていうのももちろんあったし、

まぁ他のメンバーもあったと思うけど

 

でも、それをやっぱりあの時に、なんか後からあの映像を見て「俺子どもだな…」って思って。「なんだ?あの態度…」とか思って。

 

でもやっぱり僕は嘘つけないなと思って、

これからも嘘つきたくないし、

なんか色んなしがらみがあるけれども、みんなに伝えたい気持ちは変わらなくて、

だからそれは関ジャニ∞メンバー全員の気持ちであり、全員が自分らの口でファンの元に届けたい…というのもあってああいう形になったというわけで。

 

だからあの後色々話したところで、

なんかスッキリしたんですよね。

これで行くんだって。

多分渋谷さんもこれで行くんだってなったから。

こうなると…これで行くしかないし。

 

うん。

だから今はスッキリしたって言うとそれはまぁ言い過ぎかもしれないけれど、うん。まぁ…なんかそうですよね。

 

思い描いた自分の夢とかがあるのなら…

なんかオレらが最初に見た夢が叶う前に、

夢を持った時にさ、色んな人に反対されたじゃないですか。心配してくれる人とか。

親とか、身内の人とか。

そういう人たちがいる中でも「オレはやるんだ」っていう強い意志の人がいて。

 

で、やっぱりうちの両親も

親父は「夢を貫け」って言ってたし、

オカンは「現実を見ろ」って言ってたし。

それはすごいバランスであって、

でもやっぱり「夢を見ろ」って言ってた親父の言葉が強かったから。

 

まぁだからそういう境遇にいるすばるくんに

今はちょっと多分、

1人になって寂しい思いもしてるだろうし、

孤独な思いもしてるだろうし。

彼にもそういう思いを持ってほしいなって言うのは勝手ですけど…

オレが言うのも勝手だし、すばるくんが求めるのも勝手かもしれないんだけど。

 

でも、今時間が経って思うことはそうなのかなと。

 

いいよ、と。

夢を持つことはいいんじゃない?と。

結局自分の過去とか思い返してなんかそこに行き着いたなというところもあって。

 

ただ、

オレらも、この…まぁすばるくんが抜けた6人を…やっぱこれからやっていかなきゃいけないわけで。

 

その上で絶対「すばるくんが抜けたから…あぁ…」って思われるのも嫌だし、

だからそれはメインボーカルっていう中でやってた人だから、

そこをオレらも改めて越えていくつもりでやらないといけないなと思うし。

 

でもグループとして7人でやってたっていうのが、その形がガチってなってる中で、

1人抜けることで…こう…ボロボロってなるところがあるんですけど、

でもやっぱ固まる部分もあって。

こう…形は崩れてるけれども、こう…気持ち的にやらなきゃっていうところでみんないつもとは違う感じになってるから。

やっぱそこは彼には感謝だし、

それは…やらなきゃいけないなっていうのもあるから。

 

その後からっていうのは

まぁツアーのところでも見ていただきたいところではあるし、

まぁでもこれですぐ終わりじゃないから、この後なにかの活動っていうのも最後までちゃんと見届けていただきたいなっていうところもあるし。すぐ終わりじゃないから。

 

ここで何を言えるかなっていうのも僕も考えてたんですけど、でも、

なんかやっぱ気持ちにないところを言ってもアレだし。

 

絶対心に整理ついてないと思うんですよ、皆さん。

で、僕も心に整理ついてないって言うのは正直な気持ちだし、でも心のなかでどうにか整理つけていかなくちゃいけないし、

で、その中で大きいのが

 

「あの人も夢を追っかけてる」

 

っていうのがすごく自分の中でも大きいことで。

だからあの人にも負けないようにっていうのはしていかなくちゃいけないと思っているので、

だから…すごい悲しい思いされた方っていうのはいると思いますけど、

まぁ僕らも同じくらい悲しい、寂しいっていう思いは抱いてますし、

まぁでも前向きになれたなっていうのは思うので、

 

だからオレらがテレビ出てたらとか、

これからバラエティとかも色々あるし、

そんな中で「この人こんなこと思ってるんじゃないか?」とか色々思うことがあるかもしれないけど、

みんなきっと吹っ切れて「楽しもう!」と思ってやっていると思うので、

みなさんも楽しもう…って思うのは変かもしれないけど自然に見ていただければ、と思います。

 

多分それぞれの表現の方法があると思うんですよ。

だからオレが全員のことを語るのは違うと思うし、

「オレはこうだ!!」っていうのはあると思うけど、でもみんな同じ気持ちだと思う。

なんかもっと大人にならなな…って反省したけど。

 

まぁでもこれはどういう言葉を発しようが、

それぞれの気持ちがあるだろうし、

だから楽になることなんてきっとないから、

なんか…時間が解決することでもないし、

だからこれはなかったことにすることでもないから、このままなんか…

そのままを抱えていけばいいのかな…じゃないけど…うん。

 

なんかいつも大切な人がいなくなったとき…

まぁ亡くなってるわけじゃないからさ、すばるくんは。

だからあの人の歌が聴けなくなるわけじゃないし、これはりょうちゃんも言ってたけど。

 

それが大切な…近しい人がいなくなった時に

その人がゼロになるわけじゃなくて、

ずっとその人が自分の中にいるわけで。

その感じに似てて。

 

だからもう「頑張るしかないな」って。

オレらも言葉にできないから。

集まった時に喋って止まって…

でもなんか「頑張ろう」って。

こういうことで始まったなってことがあったので、

どこに向かってどこを目標にして目指していいのか分からんし、

ただ頑張ろうって思った時の

ゼロになった気持ちなんですよ。

多分それはすばるくんもそうだろうし、

一緒だから。

 

こっからはリスタートっていう思いは一緒だから。

 

「勝手な決断したこの人」とか言っちゃいましたけど、

一緒に応援して欲しいなって思いが今はすごく強いから、

なんかマイナスなネガティブな気持ちはあるかもしれないけれども、

でもいずれは全てプラスになればいいなと思いますよね。

 

今自分が思うことは今にしか無いので

吐き出しておこうと思う。

 

 

 

2018年4月15日

すばるくんが年内でジャニーズ事務所を辞めることが発表された。

 

正直わたしにはすばるくんがどこかへ行ってしまうのではないか…みたいな気持ちは2011年以降はっきり言ってなかった。

 

(すばるくんのことをもっとずっと見ている人たちは色々な変化や繊細な心の中に気付いていたのかもしれないけれど、わたしにはそれがなかった。)

 

ここ1.2年のすばるくんは

わたしが関ジャニ∞好きになってから1番強くて迷いがなくて何かを吹っ切ったみたいに見えていた。

だから関ジャニ∞も強くて迷いがなくて何かをぶち破ったみたいに見えていた。

 

 

 

すばるくんが歌や音楽に対してずっとまっすぐ向き合っているのは皆が知っていたし、

すばるくんがいたからこそ7人で見られた景色がたくさんあったのだと思う。

もっともっと7人で見たことのない景色を見るために楽器や音楽や関ジャニ∞に向き合ってきたのだと思う。

 

 

すばるくんと音楽と関ジャニ∞というものはうまく言えないけれど、

全て同じ"なにか"の中にいて、

それは独立したり別のものになったりするものではなくずっと共にあるものなのだと思っていた。

 

 

それをあの日の10時59分59秒まで信じて疑わせずにいてくれた関ジャニ∞は本当に最高の人たちだと思う。

 

すばるくんにとって、自分と音楽と関ジャニ∞が同じ"なにか"の中には収まりきらなくなって、

そのすべてをすばるくんの納得いくかたちで続けていくということが自分がジャニーズ事務所を退所するということになったと思うけれど、

 

6人はその"なにか"をもっともっと今まで以上に広げてこれから先も同じ中にいて欲しかったんだと思う。

 

 

 

わたしはすばるくんのことも、

すばるくんと一緒にいる6人のこともほんとうに大好きだったし、

すばるくんがいる関ジャニ∞だからこんなにも好きになったんだと思う。

 

 

すばるくんが6人とは違うところに新しい夢を見つけて進んでいくことを選んで、

6人がその背中を押すということを選んだこと

 

横山さんが「すばるの抜けた関ジャニ∞が想像できない」と言いながらも関ジャニ∞を続けるということを選んだこと

 

自分自身これから先

6人の関ジャニ∞を見て、

関ジャニ∞ではなくなった渋谷すばるを見て、どう感じるのかが全く想像ができないけれど、

間違いなくわたしが14年応援し続けた関ジャニ∞にはすばるくんがいて、

その14年本当に本当に本当に全部楽しかったことは変わりません。

 

ほんとうにありがとう。

7人がだいすきでした。

 

 

またいつかすばるくんの音楽を聴いたときに

関ジャニ∞ではできなかったね」

って思える日が来るまで

 

 

 

こっちこっち〜〜!!沼はこっち〜〜!!

学生時代から15年以上なかよくしている友人がいる。

 

彼女は数年前に結婚して、去年子どもを産んで母親になった。

 

 「今さらだけど逃げ恥見てて星野源見たらはしののこと思い出してLINEした〜〜」

 

お互い仕事仕事仕事〜〜生活をしていたわけだが彼女は出産を機に仕事を辞め、TVを観る時間が増えたらしい。

 

はしの「逃げ恥いいよねぇ〜今度星野源のDVD持って遊びに行くわ☺️」

 

 

 

友人「……で実は最近関ジャニ∞も気になってる」

 

…は?

 

なんて?

 

「…関ジャニ∞のDVDも持ってきて」

 

・・・・・

 

は〜〜い!

いらっしゃいませ〜〜〜〜!!!!!

ご新規1名様

ご来店でぇぇ〜〜〜〜す!!!!!!!

 

 

 

「ちなみに誰がいいな〜って感じなの?」

 

 

丸山くん

 

・・・・

 

はいはいは〜〜い!

いらっしゃいませ〜〜〜〜!!!!!

 

ハマったら深〜〜〜〜い

丸山隆平沼はこちらでぇ〜〜〜〜〜〜す!!!!!!!!!!!

 

 

 

彼女とは15年の付き合いなわけで、

彼女が知っているわたしはまるっと関ジャニ∞を好きなわたしなわけで、

全国フットワーク軽く飛び回るわたしを知っているわけで、

 

「いつもほんとすごいよね笑」

 

「何回も同じライブ見てなんか違うの?飽きないの?」

 

「朝やってる情報番組でMCの関ジャニの子が大雪の札幌で今からライブって言ってるけどまさか今札幌にいる?笑」

 

って感じだった。

 

ずっと。

よくある感じだった。

 

ライブに誘ったこともあった。

 

興味がないとあっさり断られた。

 

 

 

そんな彼女から自らこっちの沼に近寄ってくる日がくるなんて思ってもみなかった。

 

 

 

「昔キンキ好きだったのに抜けた自分が悔やまれる。」

 

 

....悔やみはじめてすらいる!!!!!

コイツ…意識たけぇ…!!!!

 

 

 

「次ライブ誘われたらその日だけは親に子を預けて行く覚悟はできてる」

 

 

...沼にはまる準備が早ぇぇ!!!!

 

 

 

 

 

いや、アイドルにハマるなんてこんな感じだ。

 

ドラマに出てるのなんとなく見て、そしたら今まで気にならなかったのに歌番組で踊って楽器演奏してるのも目につくようになって、バラエティーとかも出るのか~あっCMにも出てる~ファッション雑誌にも載ってるじゃん~へ~へ~~へ~~

 

 

このへ~へ~へぇ~~~~~~~

 

の積み重ねで気づいたらハマってるもんなんだ。

 

 

いまの関ジャニ∞には十分なへ~へ~素材がある。

ありすぎる。

 

各曜日、各時間に散りばめられたへ~へ~素材に、

専業主婦になっていきなりTVと触れ合う時間が増えた彼女が鮮やかに引っかかった。

 

作戦成功である。

 

このタイミングで冬に誘える現場がないのが残念なところではある。

 

 

そのLINEが来てから約3週間、

わたしは家にある彼らの出演番組作品映像を手に、沼に住民票を増やしそうになっている彼女の家に向かっているところである。

 

 

「夕方まで 」という時間制限付きの布教初日なので何を持ってくるのかめちゃくちゃ悩んだ。

 

先週出たばっかりの星野源の新しいライブDVDも見せたいし、

彼女の性格的にどのTV番組、ライブDVDを見せればハマるのかめちゃくちゃ考えた。

 

考えてる時間めちゃくちゃ楽しかった。

 

 

今にも沼の奥深くに沈んでいきそうな友人を見てどうするか、

沼の深さをもっともっと深くして、彼女が沈んでいく過程をいかに楽しませるか、沼への依存性を高めるのを考えるのはめちゃくちゃ楽しかった。

 

しかしこちら丸山担ではないので、昨今の丸山担のみなさんにとってどのマルちゃんがより良い沼教材と判断されているのか分からず少し迷ったが、FNSのJUJU姐さんとのベースコラボ映像は持ってきた。

 

わたしはあのせいで2018年の女性ホルモンを前倒しで全部去年出し切ったからな。

 

 

いざ出陣である。

 

わたしのプレゼンがうまくいくのか乞うご期待

 

 

 

…絶対に沼に引きずり込んで帰還するぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京セラドーム大阪 ビスタ席は最高

ついに奪われちゃったよね

 

 

長かったな〜〜

まぁまぁ長いことヲタクやってるのに全然奪ってくれないんだもん……

 

でも

 

そうついにこの日がやってきた

 

京セラドーム大阪 ビスタ席!!!

 

入ってきたぜ!!!!

 

 

噂には聞いていたものの、

なかなかご縁のなかった秘密の花園ビスタルーム

 

 

 

まず個人的な感想を率直に述べますと

 

想像よりも遥かに最高。 マジで。

 

「少しでも近くで見たい」

「ファンサが欲しい」

「自担の視界に入りたい」

「銀テ集めが趣味です」

 

という人たちには向かない。絶対。

まぁそれは入ったことなくても分かっているとは思うけれども。

 

わたしは基本野鳥の会の自担ずっと追いたい派なので最高だった。

自担が会場のどこにいても見える。

 

遠いけど。

 

「アリーナ席入って一瞬近くに来るの最高だけど後ろの方行ったら自担何してるか全然見えないよーー」

 

っていうわたしみたいな人にはもってこい。

 

 

 

専用の入り口から入ってまずビスタ階には

 

●ドリンク販売機がないこと

●グッズ売り場もないこと

●一度入ったら外には出られないこと

 

がお姉さんから伝えられ、

めちゃくちゃ会員証探して持ってきてくれた同行者には申し訳なかったんだけれど

 

本人確認はナシ

 

 

ここで何人かまとめてエレベーターに乗せられて上階へ………

 

ビスタフロア専用のトイレが各階にあるので、

トイレに並ばなくて良いところまじアリガテェ…

 

そして「◯◯◯号室」と書かれたチケット通り、その部屋に各々向かうわけですが

 

ホテルかよ!!!!!!!!!!!

 

という感じ。

遠征して泊まるビジネスホテルの部屋ドアみたいなのがズラーーっと並んでいる。

 

そこに入るとまず

ソファーとテレビが置いてある8畳くらいの部屋が現れる

 

ホテルかよ!!!!!!!!

 

その先にベランダに出る的なドアがありそこを開けると広々した空間に12席

 

リゾートホテルのバルコニーかよ!!!!!!!!!

 

 席の配列は

 

●●● ●●●

●●● ●●●

 

2列で右に前後6席 左に前後6席

 

そして何より

 

まぁーーーーー

 

席がめちゃくちゃ広い。

 

ソファーが下界と雲泥の差。フカフカで広い。

それぞれ席の間にテーブルまである。

海外旅行用のスーツケース持ち込んでも余裕なレベル。持ち込まないけど。

 

 今回わたしは8階だったので

天井席の上の更に上の神様みたいな場所だったんだけど、二列しかないから視界を遮るものが何もない!

 

鉄塔によるイライラもなければ

(ビスタ席の中でも今日はたまたまバクステ真上だったというのもあると思うけど)

 

前の人が団扇高く上げすぎてイライラすることもない。

 

ほぼスタンドの横幅と同じくらいビスタ席もあって、見切れの角度の場合はスタンド下段も同様だけど見にくい……のかもしれない。

(もっと少ないと思っていた)

 

スタンド天井席の後ろの方とか、

スタンド下段でも鉄塔に視界が遮られる席よりもぜーーーーんぜん見やすい。

 

遠いけど。

 

双眼鏡必ず持参するか、

視力が8.0くらいあれば全然楽しめる。

 

あとは一緒に入る人が大切。

12席しかなくて下界との一体感はあまりないので、一緒に入る人と応援するスタイルやテンションが同じなら問題ない!!

 

 

2017年冬に関ジャニ∞が京セラドームでまたライブをやるのかはまだナゾですが、

もし手元にビスタ席が届いても落ち込むなんてもったいなーーーーい!!!!!

 

自担を執拗に追っかけ回せる特等席ッスヨ

 

 

 

あーー今日も追っかけ回した自担がカッコよくて酒がうまい 

ここが良いんだよコメンタリーテインメント

 

 

 

 

いや~いいよね待ってたよねこういうの!!

5月10日、

昨年冬から年明けまで5大ドームで行われた関ジャニ∞のライブツアー「関ジャニ∞エイターテインメント」のDVD Blu-rayが発売された。

 

 f:id:HC8boy:20170510074552p:image

 

Blu-ray盤はライブ本編に加えて

関ジャニ∞のコメンタリーテインメント」が収録されているんだけど

 

まぁ〜〜これが最高 。

 

まず関ジャニ∞×コタツの親和性の高さが異様

 

f:id:HC8boy:20170510075357p:image

 

「実家?そんなもん俺らにはねぇ…」

 

みたいな顔してるのに

 

f:id:HC8boy:20170510075432p:image

 

コタツに座椅子が似合う度が異様。

 

実家かよ!!!

実家なのかよ!!!!!!?

 

いやむしろ絶対実家じゃないけどここまで違和感ないの何???why???

 

いやさっきまで

 

f:id:HC8boy:20170510080615p:image

 

「実家?そんなもん俺らにはねぇ…」

 

顔してたじゃないですかついさっきまで〜〜

 

アーーー好き〜〜

 

 

そもそもコメンタリーとは 

 

f:id:HC8boy:20170510075827j:image

 

今回の特典で言うと「関ジャニ∞が自分たちのライブ映像を見て(ここはこうだったよね〜)とか(ここはこういうこだわりあったんだよ)とか解説してくれているもの」なんだけど

 

知ってた知ってた。

 

発売前にプロモーション映像でチラッとコタツでごはん食べながらコメンタリー収録してる映像見てから分かってた。

 

ま〜〜〜〜ゆるいよね

 

本人たちもこのコメンタリー収録の時がライブ映像初見だったそうなのでこれがリアルな反応だし「普通に見入ってしまうから無言になるな笑」って言ってるけど

 

7人いるのに誰も喋ってない時間なが

 

もしくはまるくらがOLみたいなテンションで内容がないキャッキャ会話している

大倉「ピザ(自分で)焼いたことある?」

丸山「ない!あるの?」

大倉「ない」

丸山「ないんかい」

 

丸山「今日帰ったらなにすんの?」

大倉「わからん」

丸山「(この会話)後でいっか!」

 

 

村上さんお菓子食べたいけど包装がうまく開けすらできないとかジジイか!!!

開けてあげるヤスくん介護か!!!

 

いやいやすばるくんちょっと寝てるwwwww

 

 

コレコレ〜〜!!!

関ジャニ∞が真面目にコメンタリーしてくれるのも見たかった気がするけど最終的にこれ待ってる気がする、いや絶対こうなってくれるの待ってた。

 

アイドルが自宅で見るテレビの音量知れるコメンタリーあります?

 

アイドルが出前のお皿にかかってたラップはずしてみんなの集めてくれるコメンタリーあります?

 

出前のたらこパスタの量が少なすぎて文句言ってる姿見れるコメンタリーあります? 

 

自担がちっっちゃい袋のカラシ開ける姿見れるコメンタリーあります?

 

食後のコーヒーには甘〜いお菓子が欲しくなっちゃううちのメインボーカルの姿見れるコメンタリーあります?

 

 

ないね!!!!!

(当社比)

 

 

しかし終始このゆるさかよwwwwww

すばるくんだけじゃなくてわたしが途中で寝てしまうわwwwwww

 

って思ってたんですけど

 

寝れない。

そこは寝させてくれない関ジャニ∞

 

◯ずっとランニングベースやな

◯照明がめっちゃ綺麗

◯この曲のドラムおもしろいやろな〜〜

◯キープするために16で刻んでる

◯グリスが滑らかやな〜

◯この音が808やんな

◯火の演出めっちゃ暑いけどやっぱり画的にはカッコいいよな

 

えっ何このナチュラルプロトーク

かっこ…いい…

 

演出や楽器に対する知識がまるでないのでちょっと専門用語使ったりお仕事モード見せられるとトキメキ感じてしまう単純ヲタクなんすよね…

 

 

オープニング映像3日もかかったのか〜〜

 

ソロ曲ユニット曲になったら客席のペンライトがメンバーカラーになってるの気付いてたのかよ!!!!!!!!!!号泣

 

f:id:HC8boy:20170510091657p:image

 

は!?ザライ最初は山田のうしろで5人が踊る予定だっただと!?

 

ロマネ、レイニー、悲しい恋の死にたくなる程の暗いメドレー案あったのかよ!!!!!!

 

「やっぱりマル歌うまいな〜絶対外さんもんな」

 

SYLの振り付け屋良くんだったのかー!

 

…いやいやいやいや

良質なコメンタリー映像かよ!!!!!

 

そして

 

さっきまで実家のコタツでみかん食べてたくせに最終的に色々気付いたことメモに取り出す仕事人トーキョーホリックRYO NISHIKIDO!!!!!!!!

 

f:id:HC8boy:20170510215110p:image

 

りょーちゃんさすが涙涙涙

(いや最後は絵描いてるなこれ

 

もうこれは次の夏ツアーなり

その次とか、その次の次とかこれから先の関ジャニ∞の引き出しになっているやないですか…

 

引き出しに…

 

 

コタツに座椅子にみかんにラーメン食べといて

やることやってるんすよ…………

この人たち…

 

いや、もちろんお仕事なので当たり前なんですけど

 

関西の陽気な兄ちゃんたちかと思いきや

とんでもねぇかっこよさに度肝抜かれるスーパー振り幅アイドル関ジャニ∞そのものがめちゃくちゃ出てるやないですかこのコメンタリー……

 

「コメンタリー?よく分かんないしメイキング見たいからDVDだけでいっか!!」

 

モッタイナーーーイヨーーー

 

関ジャニ∞のええとこ詰まってる

関ジャニ∞だからできるコメンタリー

関ジャニ∞にしかできないこのゆるさとプロ具合のギャップ好きじゃん?

みんなこのギャップ好きじゃん???

ギャップに作為感じると一気に引くじゃん?

 

作為を感じないギャップほど興奮するものなくね???? 

 

 

いや〜〜

これは名盤だよ

待ってたよずっとこういうの

 

 

横山さんとマルちゃん隠し撮りする大倉くんにも

 

I to Uの「もう愛し〜て」口ずさむ横山さんにも 

 

飲み物全種類手元に置きたい大倉くんにも

 

座椅子で倒れかける村上さんにも

 

すばるくんがカメラ目線でガチガチ男前顔してるの見て声を出さずニヤけるマルちゃんも

 

絶対に出前を食べない横山さんにも

 

めちゃくちゃ萌えたけど

 

何より自分たちのステージ見て

 

「かっこいいな」

「いいバンドやな」

 

って言える関ジャニ∞がさいっっっこうに好きなんですよ!!!!!!!!!!

 

こんなに嬉しいことないなーと思う

 

全力で「ですよね〜〜!!!」って相づちうってるからマジ

 

 

エゴサーチの鬼

マルちゃんに髪型とかベースストラップの長さとかよりもコメンタリーが最高という叫びが届くといいなーーと思っています

 

そして買おう

エゴサーチで引っかかるよりも何よりもシンプルに売れるということで次に繋がるのだ!!!!

 

マルちゃんそうだろ!!???

 

とにかく良い

コメンタリーテインメントは実に良い!!

 

よ〜し今日は寿司だ!!!!!

 

f:id:HC8boy:20170510100942p:image

 

NOROSHI OSUSHI TADAYOSHI!!!!!! 

 

 

関ジャニ’s エイターテインメント

12月の頭、

大雪欠航フェスティバル事件から1ヶ月

 

今日で今ツアーもファイナルを迎えてしまう。

 

このツアーで感じたことをオーラスを見る前に残しておこうと思う

 

----------------------

 

そう、わたしは欠航フェスティバル参加者の一員だった。

 

ツアー初日の魅力

○全員が初見というスタートライン

○諸々邪念なしで素直にみられる

○”リハなの?”等怒りの声も聞かれるがわたしにとってはそこが魅力の未完成感

 

そんなツアー初日を楽しむつもりでチケットも確保した。

 

公演日の天気予報は大雪、飛行機は大丈夫なのだろうかと不安になりながらも当日空港へ向かう

 

保安検査も終わりあとは搭乗するだけ…の状態で待たされ待たされ待たされ…

 

乗る予定の便の欠航がアナウンスされた

 

(やっぱりか………)

 

心構えしていたからなのか自分でも驚くほど冷静だった

 

ロビーにいた同じファンなんだろうなぁという人たちの中にはショックで過呼吸になりかけてる人もいた。

 

帰るしかなかった

  

----------------------

 

 

わたしたちが入れなくてもライブはもちろん行われ無事に終わった様子だった

 

今回はアルバム発売がない中でのツアーということでセトリ予想ができなかった

 

(未収録曲かなー) 

とか

(歌わなくなった曲かなー)

とか

(カップリング攻めだったらどうしよう〜)

とか

 

 

 勝手に想像して勝手に盛り上がって勝手に期待しまくっていた

 

 

twitterで札幌のセトリを見て友人と

 

(行けなかったの辛いけどダメージ少なくて済んだセトリだったね……)

 

これが正直な感想だった。

 

やって欲しかった曲も、

やると想像してた曲もセトリにはなかった。

 

勝手に想像して勝手に期待して勝手に残念に思った。

 

 

----------------------

 

最近の雑誌でヤスくんが

 

”自分たちは今「自分たちを見誤るな」という時期。このままか、もう一つ上がるのか。”

 

と言っていた。

 

…まさしくこれなんだと思った。

 

わたしたちが感じていたモヤモヤをちゃんと彼らも見えているのだと思ったら正直ものすごく安心した。

 

これもまた勝手に(なんで彼らは分かってくれないんだろう…)と思うところも多少なりともあったからだと思う

 

 いま多分”もう一つ上がる”ために暗中模索しているのだと思った。

 

 ------

 

”僕らのやることがファンが求めていないものである時期もあると思うけど、その時点ではファンのみんなには見えていない未来の関ジャニ∞も現時点で作っているわけだから”

 

 

 これも最近の雑誌で見たヤスくんの言葉

 

 

暗中模索する不安は彼らにしか分からなくて、そんな渦中にいたら客観的に自分たちを見ることなんて容易にできることではないんだろうと思うけれどそれをさらに言葉にしてくれたことに驚いた。

 

 

------------

 

やって欲しかった曲もあるし、

正直(まだこの曲歌うのか…)と思う曲もある今回のセトリだけど、

 

東京、名古屋、福岡、大阪と

どんどんかっこよくなっていくライブを見ていると何も言うことなんてなくなる

 

 

暗中模索してる関ジャニ∞はめちゃくちゃ人間っぽくて安心するし、

その途中段階を見られるなんて今の関ジャニ∞もおもしろいしこれからの関ジャニ∞も楽しみでしかないでしょ!!!!と思っている

 

 

その姿に違和感や物足りなさを感じる人たちももちろんいるんだろうし、

最近好きになった人たちからすれば暗中模索してる関ジャニ∞の何かに魅力を感じてファンになったのかもしれない

 

 

昔から応援している人=正解

ではないと思うので周りの人がどう言おうと自分が好きならそれで良いと思うし、違和感を感じるならそっと輪から抜けて見守れば良いのだと思う

 

 

兎にも角にも

わたしは今回のツアーめちゃくちゃ楽しかったし、今日もたのしみにしている…オーラス公演後だとまた違う気持ちになりそうなのでこのタイミングで書き残しておこうと思ったところである

 

 

2年ぶりに7人揃ったオーラスになりますように………

 

 

 

闇レンジャー

DVDの発売が発表され、その内容が告知された時よりも

 

そのDVDを購入して初めて再生したときよりも

 

なによりも今が1番気持ちがめげそうになっているのでここに気持ちを吐きだそうと思う

 

━━━━━━━━━━

 

 

元気が出るLIVEオーラスについては以前のブログでも書いたように色んな思いがあった。

 

発売前からメンバーが(ファンの姿をたくさん取り入れて)的な発言をしていたのである程度の覚悟はしていたつもりだったし、

 

twitterでも呟いているように、彼らは関ジャニ∞とエイターの絆というものをカタチに残したいと熱望してくれている(メンバー全員が100%そう願っているとは私はあまり感じていないけれど、メンバー内で話し合いそういう方向に向かっているのか事務所の意向なのかは謎であるがそういうものが現にカタチになっている)派アイドルなので、それをわたしなりに受け止めるつもりでいた。

 

 

━━━━━━━━━━

 

 

 

実際に発売されたDVDのパッケージは透明の外ケースに大倉くんのみが印刷され、中のジャケットと合わさると7人になるものだった。

 

DVDを見ようとすると透明のケースには大倉くん1人が取り残され、メンバーの名前から無理矢理切り取られた「OKURA TADAYOSHI」の文字が並んでいた。

 

「ナンセンスだな」という感想しかなかった。

 

大倉くん、大倉担、大倉担以外のファン、

誰に向けた演出なのかわたしには分からなかった。ほんと誰得?

 

わたしがまだ中学生とか高校生なら(ちょーーー感動する〜〜)とか思っていたのかもしれないけれど、もういい大人なので微塵もそう思えなかった。

 

パッケージisナンセンス。

以上

 

━━━━━━━━━━

 

 

DVDを見て感じたことは、

思っていたよりもずっとずっと本編以外の映像がキレイだった。

”オーラス以外の公演を本編にすることができない画質”とは思えなかった。

 

そもそも何故オーラスが本編収録になったのか真意はファンには分からない。

 

オーラス以外に収録するための映像を撮っていなかったのかもしれないし、他の日でも充分DVDにすることができたけれどあえてオーラスを選んだのかもしれないし、いろんな公演のツギハギでDVDを出すことが許されなかったのかもしれない。

 

メイキングで映るオーラス以外の公演映像が、想像していたよりも遥かにキレイすぎたことが逆に悶々とさせられた。

 

横山さんがレンジャーで言っていたように、

あの日のことはメンバーも絶対に忘れないと思うし、ファンも忘れないと思う。

 

わたしはあの日たまたまドームに入ることができた1人なので、入れなかったファンには大倉くんがいなかったとしてもオーラスをDVDで見たかった人もいるのかもしれない。

 

泣崩れたり、しゃがみこんだり、泣いている友達を慰めつつ一緒に楽しませようとする人たちを、メンバーを撮るような性能のよいカメラでよく撮れるもんだなと思った。

その心ない行動をDVDに収録できる神経すごいなと思った。

 

そんな姿をDVDで見なくても当日会場にいた人たちはその状況は思い出すし、

会場に入れず、DVDでオーラス公演を見たかった人たちも感じることはできたのでは?と思った。

 

 

開演前にファンに行ったらしいインタビュー映像についてはtwitterでも呟きましたし、みなさんと同意見かと思うので省略しますが

 

8祭で以前同じような企画が通り、DVDになった際にファンの間で(不要では?)と散々つぶやかれていたものの今回残念ながら再度採用ということで、

 

豪雨でグッズ販売が中止になり、ペンラを購入できなかったファンにそれを見たファンが(よかったらわたしの使って?)とかいう一部でしか見かけなかった謎のtwitterやりとりはその日のうちに本人に届くのに、

本当に伝わって欲しいことはなかなか伝わってくれないもんなんだな、神様いじわるっす…としか言えません。

 

ちなみに8祭のそれと、関ジャニズムのみそじい企画は全然再生してません。おもしろくないから。

 

 

━━━━━━━━━━

 

 

いろいろ思うことはあったものの、時間をかけて飲み込んでいくしかないな…

 

結局関ジャニ∞がすきだし、

彼らが選んだものを全て肯定するようなもの分かりのよいファンではないので色々言うこともあると思うけれど…というタイミングでヤスくんのレンジャーを見てはるか彼方に突き飛ばされた気持ちになった。

 

 

別にヤスくんをdisっているわけではなく、キライなわけでもなく、もちろんだいすきなんだけれど、どうしても置いてきぼりにされている気持ちにしかならなかった。

 

 

メンバーが見たいもの=ファンが見たいもの

 

ではないのに

 

メンバーが見たいものをファンがお金を出して購入し、

(ねっ?最高じゃない?ほんとすっごい絆感じるよね?幸せだよねー???)

 

ということになっていることがなんとも言えない気持ちなった。

 

 

いつかの横山宅新年会でもメンバーみんなで自分たちのLIVEDVDを見たと言っていたように、メンバーが自分たちのDVDを見る機会があるのであれば、それ用にファンの姿をふんだんに詰め込んだメンバー専用DVDを作成することは不可能だったのだろうか?

 

本人たちが普段見れないエイターの裏側が見れるDVD、

ファンが普段見れないエイトの裏側が見れるDVD、

完全限定生産にするのであれば前者も7枚完全限定生産して渡すことは不可能だったのだろうか?

 

違うものを見たい双方

同じものを渡す

みんなが満足するなんて無理

 

これは当たり前の流れでしかないわけで

 

 

 

もしわたしが関ジャニ∞メンバーで、あのDVDを見たらヤスくんと同じ感想だったのかもしれない。

 

でも、少なくともレンジャーは他のメンバーや自分の為ではなく月額料金を支払って見ているファンの為の場所なのだとしたら、やはり置いてきぼりにさせられている気持ちにしかなれなかった。

 

ヤスくんの感想はめちゃくちゃ正しいものなんだと思うし、素直な気持ちを書いてくれて嬉しいし、エイターのことを大切にしてくれているのはありがたいな、と思うけれど

やっぱりファンの目線からすると納得はできなかった。

 

 

━━━━━━━━━━

 

DVDを見てやっぱり関ジャニ∞すきだなと再確認したし、やっぱり7人のLIVEが見たいなと思ったし、やっぱりファンの映像はファンは見たくはないよ、と思った。

 

それから、エイトとエイターの絆というものはカタチにしなくても勝手に出来上がるものだと思うけれど、

それをカタチにしてくれるのであれば全力で受け止めたい気持ちしかないので、

どうかそれをつくってくれるメンバーの気持ちを満たすもので、お金と時間をかけるファンの気持ちを満たすものでありますようにと願うばかりであります。

 

 

 

 

f:id:HC8boy:20160617140627j:image

 

 

最後に、DVDの配達の仕方が

あの日の大倉くんの腸ばりにポストに詰められていたのでもう少し愛をもって配達してほしいなって感じです

 

 

広告を非表示にする